雇用統計を受けてゴールド上昇。来週にはレンジ上限まで達する見込み。

チャート分析と戦略

皆さんこんにちは。

東京では本日、都知事選の投票日であります。日本の首都のリーダーを決める重要な日です。

必ず投票しましょうね。

選挙は、我々一般人が政治に意思表示できるなかなかない機会で重要なイベントです。

私はすでに決めてます(‘ω’)ノ

選挙の話はさておき、先日の米国の雇用統計を受けて、ゴールドはかなり上昇しました。

指標の結果は既に皆さんもご存じでしょうが、強弱の混じった結果でした。

初動はドル買いで反応し、すぐにドル売りでその後もずっとドル売りが優勢になりました。

これは雇用統計発表時から閉場するまでのゴールド5分足です。

一瞬2350ドルを割りましたがすぐに切り返し、今現在2391ドルというところです。

私、発表後少しスキャルピングしてました。

雇用統計発表前日の記事でも書いていましたが、押し目でロングを狙っていました。

これがうまくいってこずかい稼ぎ程度でしたが稼がせてもらいました。

基本的に指標時はトレードは控えています。

ただ、前日まで作戦をたてていたとおりの狙ったレベルまで押してきたので迷わず買いました。

<br>筆者。

筆者。

結果的にはずっと上がり続けましたが、統計の結果が自信をもってドル売りできる内容とは感じられなかったので、サクッと頂いてやめました。

欲張ってはいけません。まして雇用統計でゴールドは特に触るのはリスクしかない(;’∀’)



では、本日のテーマ。

来週のゴールドはどう攻める?

解説していきます。

まず、チャートでゴールドの現在の位置を確認しましょう。

👇ゴールド、日足2024/07/06時点

 

右下下がりの下降トレンドライン(ピンク色)をしっかり破り、力強く真っ赤にそびえ立つと金曜日のローソク足。

中国が金の買い付けを一時停止の報を受けて急落した前日の高値2387レベルを一発で超えました。

まあ、超えたといっても30ドルくらいか。誤差の範囲か。。。

それでは、

来週のゴールドの動きを3パターン想定し、それぞれのパターンでどう立ち回るか解説します。

各パターンでは、どんな動きが想定されるか、ならばどういう攻め方で行くか説明します。

※これは、あくまで私個人の考えです。皆様におかれましてはあくまでこれを参考とし、実際のトレード判断はご自身で決定してください。

では。

まずはパターン①👇

パターン①

あまり下がらず現在のレベルを維持するなら、来週でレンジ上限の2450ドル超えを狙う。

レンジ超えの急騰の波にぜひ乗りたい。

だが、レンジ上限では強い売りが控えているはずです。

そう簡単にはぬかせないはず。このレベルはショーター達がたくさん控えています。

このパターンでのトレード方法

すんなりとレンジブレイクを想定。押し目はコツコツ拾っていく。小ロットで積み上げていく感じ。

一旦抵抗され落ちると思う。何度もレンジ抜けを試しに行く流れ(高値に張り付く状態)なら、そのまま一気に抜けるのを信じてロングポジションを抱えておく。

ショーターのストップロスを巻き込んだ急騰に乗る!

ただし、レンジブレイクするも一瞬で終わり、またレンジ内に戻ってしまう寒い展開も想定しておく。この場合は場合によって全ポジション、プラスだろうがマイナスだろうが解消します。

次にパターン②👇

パターン②

一旦緩んで下落するが、上昇しレンジ上限まで行くも失速。結局レンジ越えならずにレンジ下限へ向けて下落(レンジ内での動きに戻ってしまう)

筆者。
筆者。

えーと、あくまでも来週中の動きの想定です。

パターン②は順調に上昇するも結局レンジ抜け失敗するというものです。

おそらく、来週中はレンジ抜けはないと思います。

個人的にゴールドがこのレンジを抜けるのは今月末のFOMCの時かなと薄っすら思ってます。

このパターンでのトレード方法

来週はピンクの上昇トレンドラインでの押し目買い。

割り込んだら次のサポートラインでの押し目買いって感じで、下がればロングしていき、レンジ上限ではショートで攻めます。

パターン②は以上です。

最後に、パターン③👇

パターン③

ゴールドらしく激しい上げ下げをしたのち、結局レンジブレイク

これが一番可能性があると思ってます。

ゴールドが簡単に稼がせてくれるわけがありません(;’∀’)

振り回してくるはずです。

最後は期待というか願望を込めて、来週中にはレンジブレイク達成なるか?!

って感じですね。

このパターンでのトレード方法

しっかりトレンドライン、レジサポ、フィボナッチ、等のテクニカル分析を駆使し、時によっては経験による野生の勘で誰よりも早く逃げる!

ビビらず、強く押したり戻したりしたらそこを拾うこと。

どんな動きをされても動じない強いメンタルで臨むことです。

しっかりと分析してればなにも怖くありません。

そして、分からないときは無理してトレードしないこと。

時には休むこと。休むも相場です。

私は何回も何回も、ただトレードしたいという一心で意味不明のポジションを持ち、それが原因で全損したこと、いっぱいあります。

そして、本当のチャンスが来た時にはただ何もできずに見てるだけ。

もう、何枚キーボードをたたき割ったことか。。。

筆者。
筆者。

本格的な昔話が始まりそうなのでそろそろここで終わります(;’∀’)

最後に、ゴールドに関係性のあるドルインデックスと米国債10年債利回りのチャートを置いていきます。

2024/07/06現在 ドルインデックス日足👆

雇用統計後に売られたドルだが、反発は近いかも。。。

次に米国債10年利回り、日足👇

これは2024/07/06現在。日足では下降中。さらに下がればゴールドにとって追い風となる。

長期足でみると流れは上昇トレンド(この画像では確認できない)だが、中期トレンドライン(画像内右上がり赤線)から下に抜けて下落中。

それでは、眠くなってきたので少し寝ます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

追伸。。。。

なかなか押してもらえないので厚かましいですがお願いです(*_*;

筆者。
筆者。

どうかブログ村のランキングの応援をお願い致します。

👇のにほんブログ村って青いのをぽちっとして頂けるだけです。

決して怪しくない何年も続いているサイトです。

クリックしたら一旦ブログ村サイトに飛びますが、すぐに出てもらって大丈夫です。

ただ、そちらでは他のブロガーさんが書いたFXの記事もたくさんありますので

興味がございましたら見て下されば幸いです。

 一度でいいからランキング上位に行ってみたい。。。

別に上位になってもお金がもらえるとかないです。。。

ただ、私が嬉しくなるだけですが(‘∀’)

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

PR👇

私が今使っているXMTRADING。前は国内FXでやってましたが、こちらを使ってから格段に稼げるようになりました。私みたいに少額から大きく稼ぎにいくトレーダーにとってレバレッジ1000倍は有利です。ゼロカットあるので追証もなくて安心。もっと早く使ってればよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました